Month:2015.10
早漏を我慢する方法と局所麻酔薬

さまざまな民間療法から医学的に効果を認められた治療薬まで、早漏対策は数え切れないほどあります。我慢する方法を集大成した本や動画なども販売されていて、かなりの売れ行きを示しています。このことからも、男性の悩みとして早漏がいかに深刻かをうかがい知ることができます。
射精を我慢する方法としては、PC筋を鍛える方法がよく知られています。PC筋は排泄に関係する筋肉の集まりですが、これらを鍛錬することで射精もコントロールできるという発想です。具体的には排尿を途中で我慢したり、肛門括約筋を意識的に引き締めるようにします。長期間にわたって繰り返せば、やがて持続力がアップすると言われています。またPC筋トレーニングは女性のダイエット法などとしても用いられています。PC筋に限らず、全身の筋力を鍛えることは、男性の自信に繋がるかもしれません。
早漏の原因は、緊張や焦りなどの心理的な要素が大きいとされています。したがって大切なのはリラックスすることです。たとえば深呼吸して心を落ち着かせるのも、単純ですが射精を我慢する方法としては効果があるでしょう。
局部が敏感すぎるために我慢できない人は、局所麻酔薬を使用すると有効な場合があります。挿入の前に男性器に塗布することで、感覚を鈍くし早漏を防ぐ効果が期待できます。早漏防止薬として、軟膏やスプレーの形で市販されている商品は数多くあります。またかゆみ止め用の軟膏にも麻酔成分が含まれているので、それを応用している人もいます。ただし麻酔薬は性的な刺激を抑えるため、快感が損なわれるだけでなく、勃起力が弱まって一時的なEDになってしまう可能性があります。どんな薬でも乱用するのは考え物です。