Month:2014.09
女性を喜ばせる性交はどうすれば良いか

「女性を喜ばせる性交をするにはどうすれば良いか」、多くの男性が一度は考えたことのある問題でしょう。
この問題を考える上で大切なのは、男性と女性は根本的に違う生物なのだということを理解することです。
男性にとって性欲は動物的な欲望であり、女性との性行為は欲望を満たすための単なる「行為」なのかもしれません。
一方で、女性は、男性ほど性欲が強くない場合が多く、性行為は単なる「行為」ではなく、男性との「繋がり」や「愛情の確認」と考える場合が多いようです。
よって、女性は男性のテクニックなどの性行為そのものの質の高さを求めるというよりは、性行為に至るまでの過程や、雰囲気、行為中の自分への配慮、行為後の行動などを重要視する傾向にあるようです。
具体的には、性急に求めるのではなく前戯に時間をかける、部屋の照明や音楽、自分の身だしなみに気を配る、性交中は自分の欲求だけを満たすのではなく、相手の反応を見ながら、相手が気持ち良いと思うことをしてあげる、行為後はすぐにベッドを出るのではなく、余韻を楽しむなどの行動によって、女性を喜ばせることができると言えるでしょう。
ひとりよがりではなく、相手を思いやり、きちんと愛情を表現することが、女性を喜ばせる上で重要なのです。

なぜ早漏は女性に嫌われるのか

なぜ早漏は女性に嫌われるのか、女性が絶頂に達していない、満足していないのに男性が射精をしてしまえば、どうしても女性としては私を満足させてくれない、自分だけスッキリして勝手と思ってしまいがちです。
基本的に女性は性交を自分本位では行わないと言われています。
多くの女性が受身なので、男性に満足させてもらいたい、体だけでなく心もと思っている女性は多いとされています。
特に海外では早漏の男性に対して、はっきりと怒りを露にすることもあると言われています。
男性自身も早漏に対して過剰に考えてしまうフシがあります。
早漏の男性はパートナーに対し、本当に申し訳なく思っている人がほとんどです。
しかし、早漏は情けないと考える男性も多いので、パートナーに打ち明けることができず性交をし、早い段階で射精してしまっても、自分が早漏と思われないように何とか誤魔化そうとします。
お互いが理解し、原因を探っていければ問題は少ないですが、デリケートな問題なのでなかなかそうはいかないとされています。
お互いの理解が無いと、早漏からEDなどへ発展してしまうこともあります。
早漏を悩んだり腹立たしいと思わず、理解をし合うことが重要とされています。