早漏がちな旦那の亀頭を刺激する

旦那さんとの性行為に対して不満を抱えている女性が実は多いというのは、週刊誌のネタとしてよく扱われています。性行為が楽しくないから、旦那以外の男性を求めて性行為に耽るのが週刊誌が描く現代女性の在り方のようです。しかしこれが仮想ではなく実際問題そのようなことが起きているのが実態です。旦那さんの早漏は大きな夫婦問題でもあるのです。

夫婦にとって性行為はスキンシップとして大切な行為です。そのスキンシップは信頼関係を意味し、その信頼は仲良く暮らしていき家庭円満を築くものになります。その大切な性行為が早漏によってうまくできないのであれば、家庭円満を崩す原因になるでしょう。奥さんは亀頭を刺激するだけで射精してしまう、または亀頭を挿入し数分や数回のピストン運動で果ててしまうのは早漏の可能性が高くなります。

早漏治療薬という選択もありますが、性行為を信頼関係を築くスキンシップとして取り扱うのであれば、夫婦そろって早漏のトレーニングをするというのも良い選択になるでしょう。早漏を防止するための訓練があります。射精しそうになると寸止めをするという訓練であり、射精をコントロールすることができるといったものです。この方法ですと、性行為の延長線上で行為をしながら訓練することができるでしょう。

主に亀頭を刺激して射精をするまえに止めるという方法です。ひとりでもすることができますが、奥さんと一緒にするからこそ意味があるでしょう。手と口で亀頭を刺激し、射精しそうになると止めると4、5回繰り返す訓練です。これは奥さんの協力があってできることであり、男性にとっては屈辱を感じることもありますが、夫婦という仲だからこそできる訓練になるでしょう。